最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • Jメール【18禁】

夏の夕暮れの砂浜。そこに全裸の男女が2人

水泳部のときの話を一つ。

時期的には数年前の7月半ば頃、だいたい今ぐらいの時です。
俺が中3の時、新しく1つ下のミカという子が入部してきた。
最近で言うと石原さとみ似で、外見は清楚な、でも話してみると積極的なタイプでした。
俺は平泳ぎが専門だったのだが、ミカも平泳ぎを希望したため、俺が先輩として一緒に教えることになった。
いろいろと話す機会も多かったし、次第に俺はミカに好意を抱いていった。

ある時、いつも通りミカと練習していると、ミカが突然気持ち悪いと言い出した。
聞いてみると、風邪の症状が出ていたにもかかわらず、無理をして部活に出ていたと言う。
最初はプールサイドで休んでいればすぐ良くなるだろうと思い、ミカをプールから上がらせて休ませていたが、次第に顔色が悪くなっていき、心配になって保健室に連れて行くことになった。
肩を組んで連れて行こうとしたが、ミカはほとんど動けないこともあって、おんぶして連れて行くことにした。

人目を気にしながらも、無事に保健室に着いた。
ところが擁護担当の先生は不在で、俺は応急処置をすることにした。
スクール水着のままのミカをベッドに寝かせておでこを触る。
すごく熱かった。
風邪をこじらせてることがすぐにわかった。
ミカは意識がほとんどなく、ベッドで横になっていた。
俺がまずいと思って、先生を呼んでこようと思った時、ミカがふと寝言のような声で「熱い…」と言った。
俺はその声にドキッとして、ふと振り返った。

プールで泳いでいる時は気付かなかったが、ミカは体型がよかった。
胸の膨らみも、腰のくびれも、女性としての魅力を漂わせていた。
ベッドで寝ているミカを見ていてそれを感じた。
俺の手は自然とミカのカラダへと伸びた。
スクール水着の肩の部分をずらし、スルスルと下ろしていく。
そのまま一気に脱がせて、ミカが着ていたスクール水着を椅子の上にかける。

想像以上の美しさだった。
今にもプルンと弾けそうなオッパイ、アソコの毛は薄く、下半分はワレメが丸見えだった。
俺は早速オッパイに手を伸ばした。
気付かれないか心配だったが、そんな理性よりも、俺の好奇心のほうが勝っていた。
プール後のうっすらと白い乳房は、ピンク色の乳輪を際立たせていた。
すごく柔らかい…それが俺の素直な感想だった。
そのまま下半身に目をやると、エロ本では決して見れなかった場所が丸見えだった。

気付くともう20分経っていた。
さすがにそろそろやばいと思い、再びミカにスクール水着を着せる。
少し口惜しい感じはしたが、他人に見つかる恐怖心もあったので、そこは理性のほうがしっかり働いていた。

職員室に向かって養護の先生を連れてくると、ミカに薬を飲ませてくれた。
その後少し休んでミカは親の迎えで家に帰っていった。
中卒後の高2の話です。
中学ではミカとはあの件以上の進展はなく、そのまま引退となり、ミカとの距離も遠ざかっていました。
それから高校に進学、水泳部に入り、水泳を続けることにしましたが、中学と高校の差、レベルの違いに戸惑いながら、2年生の夏を迎えていました。

そんな感じで部活をやる意義を失いながら、大会の日を迎えていました。
俺も参加することになってはいましたが、大会で勝てる見込みはないとわかっていたので、少々投げやりになりながら、自分の出番を待っていました。
ぼんやりとしながら視線を周囲にやると、するとそこに見覚えのある顔がありました。
それがミカです。
「ミカ?」と俺が近付いて聞くと、「あ、先輩ですか?」と言って気付いてくれました。
高1になって、少し顔つきに大人っぽさが出たとはいえ、紛れもない、あの可愛らしいミカでした。
どうやらミカも他校で水泳を続けていて、今回は出場はしないものの、応援のために来たそうです。

その日の大会が終わり、俺はミカと一緒に話をしながら帰りました。
中学の思い出や高校で自分が伸び悩んでいること、俺は心の中でたまっていたことをいろいろ話した。
ミカも水泳に関しては似たような思いがあったようで、俺達は久々の再会で互いの本音をぶちまけ合いました。
話しながら歩いて、ミカとの別れ道に着くと、ミカが突然「先輩、海行きませんか?」と聞いてきました。
これはデートの誘いか?と思い、俺は二つ返事でOKしました。
海には平日の午後に行くことにしました。
休日だと混雑するので、互いに部活が終わった後、待ち合わせして行くようにしました。

約束の日の午後、集合場所で、時間通りにミカを待つ。
数分後、ミカも到着した。
海までは自転車でいける距離なので、2人で自転車をこいで海まで向かいました。
そして海に着きましたが、平日ということで、やっぱり人数は少なく、夏休み中というのに十数人しかいません。

俺とミカは自転車を置くと、早速水着に着替えることにしました。
数分して、俺の方が先に着替えて外で待っていました。
それに少し遅れて、更衣室からミカが出てきます。
ミカは暖色系のワンピース水着姿で、ベタな言葉ですが、とても眩しかったです。
これまで、水着を着たミカは、中学時のスクール水着姿のミカしか見たことがなかったので、ミカの新たな一面を見たと同時に、すごく新鮮な感じがしました。
「すごく可愛いね。」と俺が言うと、ミカは少し照れながらも、微笑みながら俺の隣に一緒についてきました。
そしてそのまま海へと2人で飛び込んみました。

海に到着したのが3時。
それから数時間過ぎれば日が長いとはいえ、さすがに夕方です。
気が付くと、海には俺とミカしかいなくなっていた。
泳ぎ疲れて、俺もミカも砂浜で肩を並べて休んでいると、いかにもそれっぽい雰囲気が漂ってきました。

先に俺が「ミカ、キスしていい?」と切り出すと、「うん、先輩なら嫌じゃないし」とミカに返されました。
意外とあっさりと、しかも悩む様子もなかったので、少しビックリしましたが、俺はミカに唇を重ねました。
長いキス。
最初は触れているだけだったが、次第に激しく唇を求める。
ミカもそれに頑張って応えてくれている様子でした。

次に、俺はミカの水着に手を伸ばしました。
ミカは驚いてはいたものの、特に拒む様子はなく、俺はスムーズに彼女の水着を脱がすことができました。
ミカの裸を見るのはこれが2回目。
前回は強引だったが、今回は同意の上です。
ゆっくりとミカの体に目を向けた。
相変わらず大きなオッパイと、薄毛のおまんこはそのまま顕在でした。

俺がじっくりと見ていると、ミカが「先輩、これで2回目だね。」と、ギョッとすることを言ってきました。
「え、何で!?」と俺が聞くと、「先輩、保健室の件、気付いてないとでも思ったんですか?」と返された。
どうやら、あの保健室の件はミカも気付いていたようで、戸惑いながらも黙っていたのだったそうです。
俺はドキドキしながら「あの時のこと怒っているか?」とミカに聞くと、「ううん、私の中ではもう時効。」と言い、「ずっと先輩が好きだったから。」と言ってくれました。
その言葉に、俺の胸が高鳴るのを感じました。

そういうことで、一瞬戸惑いながらも、俺は意を決してミカのオッパイへ手を伸ばしました。
すごく柔らかい。
もちろん、女性のオッパイを触ったのはこれが初めて。
手で感触を楽しんだ後は、乳首を口にふくんだ。
「あっ」とミカの声が漏れる。
野外とはいえ、周囲に民家もなければ人影もない。
薄暗い海には俺とミカしかいません。
俺は砂浜にタオルを敷くと、そこにミカを横たわらせました。

おまんこの薄毛をかき分けると、ミカのソレがあらわになりました。
俺がソレを見ているのにミカが気付くと、恥ずかしそうに「やっぱりちょっと恥ずかしい。」と、初めて恥ずかしがる素振りを見せました。
その様子もまた可愛らしかったです。
俺が早速ソレを指で撫でると、トロッとしたものが溢れてきました。
こらえきれずに舌を入れると、ミカは声をいっそう荒らげ「あぁぁ!」と喘ぎました。
周囲に人がいないとはいえ、さすがに少し心配になりながらも、俺はただクンニし続けました。
ミカは小刻みに体を震わせ、「あっ」と声を出し続けていました。
とても魅力的な動きでした。

俺がおまんこに指を入れると、クチュクチュという音が聞こえてきました。
ミカは大きな声で「あぁぁん!」と言った。
俺はそのまま指でかき撫でました。
ミカの体が大きく揺れます。
喘ぎ声はいっそう大きくなります。
そして、それに耐えきれなくなり、「先輩の、先輩のソレを下さい」と言いました。
ミカは俺のチンチンを指差しました。
もうギンギンです。

俺は海パンを脱ぎ捨てると、ミカにチンチンを見せました。
「先輩の、ソレが私の中に入るんですか?」と、ミカが聞いてきました。
俺は「うん」と頷く。

すると、それまでにないくらいにギンギンに勃起していた俺のチンチンは、ミカの口に咥えられました。
まさかフェラしてくれるとは思っていなかったので、少し感動モノでした。
やはり慣れない様子でしたが、それでも彼女の頑張っている様子を見て、俺は興奮しました。
『気持ちがいい。』初めてのフェラに意識がとろけそうになったが、我を取り戻すと、俺はチンチンをミカの口から抜き取りました。
俺はミカをタオルの上に仰向けにさせると、「入れるよ」と言いました。
ミカはコクンと黙って頷きます。
それを見て、俺はミカのおまんこにチンチンをあてがいました。

俺は、グッと力を入れて、ミカの中にチンチンを挿入しました。
痛がらないようにゆっくりと、でも力強く。
ミカは「あぁぁぁぁん!」と大きな声で叫びました。
もうここまでくると野外ということは気になりません。
ミカの顔は苦痛とも快感とも取れる顔つきで、俺はその様子を見ながら、慎重に奥まで貫きました。
そしてついにミカの中に全部入りました。
「痛くないか?」と聞くと、「うん、大丈夫だから続けていいですよ。」とミカは言いました。
それを聞いて、俺はそのままピストン運動を続けます。
ミカの中のトロッとしたものが俺のチンチンに絡みつきます。
その温かさがまた気持ちよかったです。
夏の夕暮れの砂浜。
あるのは脱ぎ捨てられた2人の水着。
そこに全裸の男女が2人。
今考えればすごい光景です。

「ミカ、もうイキそうだよ。」と俺が言うと、「先輩、イッて、イッちゃって下さい!」とミカが言いました。
最後の力を振り絞ってミカを突いて突いて突きまくった。
そして俺はミカとともに、快感とともに果てました。
俺がミカからチンチンを抜くと、その先から大量の精液がミカに向けて発射されました。
ミカのオッパイからお腹は、俺のザーメンとミカの処女の血で白と赤の液がまとわりついています。
あまりの快感に2人とも力が尽き、そのまま20分ぐらい裸で横になっていました。
それからだいぶ体力も回復してきたので、横になっているミカのお腹を拭き、2人でシャワー室に向いました。
すると、ミカもシャワーで回復したのか、もう一度しようかという話になり、シャワー室でもう一度しました。
それが俺の初体験でした。

結局、俺はその夏で水泳部を辞めました。
その代わりとなる、守るべきものができたからです。
学校が違うということで、少し距離感はあったものの、俺とミカは付き合い続けました。
今では念願かなって同じ大学に入学、今でも関係を保ち続けています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

小学生のエッチな体験談

中学生のエッチな体験談