最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • Jメール【18禁】

女の子二人とAV鑑賞

俺が商6の時の話です。
俺の家の近所にスーパーがあって、そのスーパーの倉庫と社長の家が俺の家の隣にありました。
そのスーパーの社長の長女(厨1)と次女(消5)と長男(確か消1)の4人でよく遊んでました。
普段は社長宅でファミコンとかドンジャラとかやったりしてました。
ある日いつものように俺は学校から帰って社長宅に遊びに行きました。
で、チャイムをピンポーンと鳴らすとお母さんが玄関まで出てきて、「まだ、明美ちゃん(長女)しか帰って来てないから明美ちゃんの部屋に行ってちょうだい」と言われました。
明美ちゃんの部屋でファミコンをやって遊んでたら、程なく次女の真奈ちゃんが帰ってきました。
真奈ちゃんは入ってくるなり、「お姉ちゃん、どうだった?」と言ってきました。
俺は何のことを言ってるの分からずにいたら、二人が「雄太君ちょっと、外に出てもらっていい?」と言うので、部屋の前で待ってました。

しばらくしたら、入っていいよーと言うので、部屋に入りました。
明美ちゃんは、俺に「お願いがあるんだけど、内緒にしてくれる?」と言ってきました。
俺は、何のことか分からなかったが、「いいよ」と、返事した。
明美ちゃんは「雄太君の家って今誰もいないよね?今から家に行って、エッチなビデオ見ない?」と俺に言うのです。
もちろん二つ返事でOKしました。
そして、3人で俺の家のビデオのある部屋に直行しました。

俺はエロビ初体験だったので、観る前から期待で興奮してギンギンに勃ってました。
明美ちゃんはビデオを3本も持ってたので、俺が「それ、どうしたの?」と聞くと、「クラスの女の子に借りてきたの。真奈も観たいって言うから、友達に頼んでたの」と、言うのです。
俺は一人っ子で、両親は共働きで帰ってくるまで、2時間位あったのですが、念のために鍵を掛けてエロビ鑑賞を始めました。
1本目はタイトルの貼ってあったやつで(タイトルは憶えてない)、表の普通のストーリー仕立てのビデオだったので前置きがかなり長く感じられた。

おそらく10分程経ってからだと思うが、パジャマの格好をした女が出てきて、いきなりベッドの上でオナニーをやり始めた。
商6の俺だったが、友達とかにある程度の知識を聞いてたので、女もオナニーすることは知ってた。
このあたりで、俺の珍の先っぽから少し汁が出ていたのを憶えている。
女のオナニーが終わりしばらくしたら、男が出てきてセクースをやり始めた。
挿入してる最中だったと思うが、いきなり家のチャイムが鳴った。
誰だろうと思い玄関を開けると、長男の純だった。
お母さんに聞いて、みんな俺の家に来てると聞いたらしい。
しょうがないので、ビデオを止め社長宅に戻り、4人でゲームをやって遊んだ。

そして確か翌日だったと思うが、ビデオは漏れの部屋に隠してたので学校から帰ってすぐに、昨日の続きのビデオを観てオナニーした。
オナニーし終ってから少し経ったら、真奈ちゃんが一人で漏れの家にやってきた。
真奈ちゃんは「お姉ちゃんは、塾だから私一人だけどいい?」というのでとりあえずあがってもらった。
真奈ちゃんは「昨日の続き観ない?」と言うので、漏れは又自分の部屋にビデオを取りに逝った。
そして、ビデオを再生したら、昨日停止した場面から違う場面になっていることに気付いた真奈ちゃんが「雄太君あれから一人で観たの?」と言うのです。
「うん。さっきちょと観てた。」
と言うと、真奈ちゃんは何も言わずにビデオを観だした。

1本目のビデオを見終わって、漏れが「もう1本見る?」と聞くと真奈ちゃんは「うん」と言うので、2本目をセットした。
かなり古臭いビデオだったが、漏れのチンはビンビンだった。
ちょっとして、真奈ちゃんの方をちらっと見ると、目が合った。
で、とてつもなく興奮してた漏れは、ありったけの勇気を振り絞って真奈ちゃんに言った。
「真奈ちゃんは一人でしたりする?」真奈ちゃんは戸惑ったように「え?なんで?」と答えた。
「いや、俺はさっきしてたから」と言うと、真奈ちゃんは「するよ」と、答えた。
漏れは「二人だけの秘密にするからアソコ見せてくれない?」と言った。
真奈ちゃんは最初「いやだよー、恥ずかしい」と断ったが、何回もお願いすると、絶対にお姉ちゃんにも内緒にするということで見せてくれることになった。

で、一旦ビデオを停止して、緊張の時を迎える。
真奈ちゃんは座ったまま自分でパンツを脱ぎスカートをまくった。
漏れは真奈ちゃんのマンコに全神経を集中した。
いよいよ、ご開帳!まだ、産毛も無かった。
漏れはもっとよく見ようと顔を近づけた。
漏れは何も言わずにマンコを触った。
真奈ちゃんは何も言わずに腰を少し引いた。
なんと、真奈ちゃんのまんこは濡れていた。
広げたりすると痛いと言うので、軽く撫でたりしてたら、真奈ちゃんはかすかに喘ぎ声を出した。
漏れは「ごめん痛かった?」と聞いたが、真奈ちゃんは首を横に振るだけだった。

多分10分位してからだと思うが、真奈ちゃんの喘ぎ声がかなり大人の女のものに近づいてきた。
漏れはどうしようもなく興奮していたので、さっきビデオで見たクンニをいきなり、やり始めた。
(今思うと、商5のくせにかなり濡れてた)真奈ちゃんはさらに腰を引いて「もう、だめ!」と言うので、すぐにやめた。
真奈ちゃんは自分でパンツをはくと、「そろそろ帰るね」と言うので漏れは何も言わずに玄関まで送っていった。
真奈ちゃんは帰り際「絶対に内緒だよ!」と言い玄関を出て行った。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

小学生のエッチな体験談

中学生のエッチな体験談