最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • Jメール【18禁】

海とデートとペッティング

俺は中学2年の時、好きな子と海行って、お互い水着で体摺り寄せた時は興奮した。

その子とは付き合って、デートもしたし、キスも随分したんだけれど、その後の展開が非常に遅かったんだよね。
何しろ中学生でバイトしていたわけでもなく、お金もないし、親にも見つかりたくないから、どうしても公園とか駐車場で色々やる事になる。
だから何かキッカケを作らなければ、進展は無いと言ってもよかった。
お互いそれがわかっていたから、海に行く事にした。
親には勿論友達と行くと偽って。
海と言っても遠くでは無く、電車で1時間チョイのところ。
お互い授業の水着は見ているモノの、プライベートな水着は初めてで、それがまず感激だった。
露出なんて少ないワンピースだったけど。

そのワンピースは濃い黄色で、勿論露出なんて最低限の可愛いものだった。
ただ、狙いなのかどうかわからなかったが、水着の下に着る下着みたいなのをつけてないのが、水に入ってからわかったのだ。
透けて見える訳ではないが、シルエットが・・・始めは大人しく泳いでいたのだが、やはり2人とも進展を求めてきただけに、泳ぐだけでは終わらなかった。
何かしようとは思っても、周りの目があるし、こんな時は特に気になるもので、混んではいなかったものの、どうも落ちつかなかった。
水に潜ってキスしたりしていたけど、そんなの息が続かないから全然駄目だし(笑)そのうち俺のほうから水中で彼女の腰を引き寄せて、お互いの肌を密着させた。
俺のあそこは既に最大級になっていて、彼女もそれに気がついたらしく、クスっと笑っていた。
そこから俺達はやっと今までより1歩すすんで行くのである。

身体を寄せ合ってからの俺達は、それまで躊躇していたのが嘘かのように、大胆になっていった。
まるでその瞬間を待っていたかのように。
それまで気になって気になって落ちつかなかった周囲の視線ってものも、なぜか気になら無くなった。
腰に回した手を少し下げてみたり、肩の辺りにあった手を前に移動したり、水着の上からは彼女の身体を堪能した。
胸にはやはりパッとも何もいれてなくて、柔らかい感触と、先端の固い感触が妙に興奮を誘い、下半身よりも胸を触っている事が多かった。
しかしワンピースと言うものは難儀なもので、脱がすわけにはいかないのである。
だから隙間から手を侵入させようと思うのだけど、結構入らないもので、結局水着の上から楽しんだだけだった。
その際彼女の表情が恥ずかしげで、気持ち良いのか恥ずかしいのかわからない、何とも可愛い仕種をいまでも記憶している。

一方彼女の手はズット俺のあそこを触ってくれてはいたが、勿論テクニックも何も無く、気持ち良いのだが、発射と言う事にまではならなかった。
でも最後は生で触ってくれて、感激した。
この日はこれだけで終わるのだが、帰りの電車で帰りたくないと言った彼女の気持ちが俺にも本当に本当に良くわかったのだ。
この日の出来事が俺達の関係を加速させたのは言うまでもない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

小学生のエッチな体験談

中学生のエッチな体験談